合宿免許の真髄

合宿の運転免許取得では、さらに私達は、仮免試験という流れを経由しなければなりません。

仮免試験があり、更に路上教習がスタートします。

合宿免許は非常にスピーディーに運転免許取得することができる方法ですが、実際には、このあたりからもたつく人たちも結構いらっしゃるようですよ。

合宿免許の仮免試験の内容も非常に気になるところではないでしょうか。しっかり理解することで不安を解消しましょう。

合宿免許ムーチョ

合宿免許の仮免試験とは……

なんで、仮免試験があるのかと言えば、いままで教習所で学んで運転テクニック、 学科教習で学んだ交通ルールというものを、しっかりマスターしたのか、一度ここで路上に出るまでチェックするためにあります。

路上には教習所とは違う、いろいろ交通の厳しさを感じるでしょう。そもそも、しっかり今までのことをマスターしていない限り、危なくて外へなんて出すことができないのです。

また、合宿免許の仮免試験に合格することができれば、「仮運転免許証」が発行されることになります。

路上に出る前に仮「仮運転免許証」が必要です。

学科試験

合宿免許の仮免試験では、学科試験があります。学科試験は、50問出題されます。

制限時間は30分です。合格するためには50問中45問以上正解する必要があります。

ちょっとハードルが高いと感じてしまうかもしれませんが、しっかり普通に勉強していれば、誰でもこの程度の点数はとることができます。ですから、それほど緊張しないで向きあえばいいのではないでしょうか。回答は、マル・バツ方式です。

技能検定

次には、技能検定があります。技能検定では、教習所の中の既定のコースを走ります。

コースはひとつの種類ではなく、いくつかパターンが用意されているカタチです。どのコースを選択しなければならないか、本番までわからなかったりしますが、あなた自身余裕を持つため、どのようなコースかということはだいたいを把握しておくといいでしょう。

このような場合、イメージトレーニングというも多いに役立たせることができるのではないでしょうか。

そこでは試験官がしっかり同乗して、ミスをチェックしています。70点以下!になってしまえば、不合格です。

正しい運転姿勢がとれているか、加速、減速の方法は適切かあたりが技能検定では問われることになります。

ひょっとしたらあなたは、仮免試験に合格出来ないかもしれません。 そのとき合宿免許は退学ということではありませんが、期間延長はよぎなくされてしまうでしょう。