合宿免許の真髄

合宿免許って、非常にスピーディーで、リーズナブル料金で運転免許取得出来る方法なのです。

最近では、合宿での運転免許取得へは女性の方々も積極的に参加している傾向があります。ちょっとだけ期間は必要なので、サラリーマンの方々も、そのような休みを取ることができれば、合宿での運転免許取得に参加してみてはいかがでしょうか。

さて、合宿免許は、最近では女性の人たちだけでなく、外国人の人たちも積極的に参加している背景があります。でも、外国人の人たちが合宿での運転免許取得……という場合は、このような点には注意した方がいいかもしれないですよね。

合宿免許を取るならムーチョ

外国人の人たちが運転免許取得

今後もっともっと外国人の人たちが運転免許取得というケースは増えて来ることが予測出来ます。外国人の人たちが、日本で運転免許取得という場合、このような点には注意しなければならないでしょう。

海外で運転免許取得がないケースで、外国人の人たちは日本人と同じように運転免許取得する必要があります。つまり、教習所に通って、運転免許試験場において学科試験を受けるか、また運転免許試験場において直接学科と実技試験を受けるかの方法を選択しなければなりません。

運転免許試験場で直接学科&実技試験を受けるという選択肢の方がいくぶんリーズナブル料金で済ますことができます。ただし、日本の交通ルールの問題とか言語の問題も抱えているでしょう。

ですから、多くの外国人の人たちは、 教習所に通って運転免許を取得するという方法を選択しています。

合宿での運転免許取得という選択肢では、スピーディーに運転免許取得することができ、外国人の人たちにとってそれほどハードルは高いとは感じられないでしょう。ただし、やっぱり言語の問題などあり、合宿免許も慎重に選択する必要があります。

外国人の人たちにおすすめ合宿免許

例えば、

コヤマドライビングスクール横浜(神奈川県):外国語教習「英語」

米子自動車学校(鳥取県):外国語教習「英語」・

株式会社セイブ自動車学校(静岡県):外国語教習「ポルトガル」

コヤマドライビングスクール石神井(東京都):外国語教習「英語」

武蔵鏡自動車教習所(東京都):外国語教習「英語」

海部自動車学校(徳島県):外国語教習「中国語」などは、積極的に外国人の人たちを受けいれているということです。

まずは、そのような場所に相談してみてはいかがでしょうか。

外国人の人たちも合宿免許に参加することができるのでしょうか。答えはYES。

基本的に外国人でも、必要書類である「在留カード」(また在留カードとみなされる外国人登録証明書)、国籍が記載された住民票を揃えてあれば合宿免許には参加することができます。