合宿免許の真髄

合宿での運転免許取得。そろそろ相当運転テクニックも高まった頃ではないでしょうか。

そして、そろそろ運転免許証更新しなければならないときかもしれません。

合宿免許といったらムーチョ

はじめて運転免許証更新

はじめて運転免許証更新という方々は、何をしていいかわからないでしょうし、更新しなければならないことを忘れてしまうかもしれないですよね。

本当に、運転免許証が消滅してしまうかもしれませんので、運転免許証更新に対してはかなり意識してください。

運転免許証というものは取得してずっと使用し続けていいということではなく、 3~5年に一度、更新の手続きしなければならないという面倒くさい作業があります。

毎年毎年しなければならないというものでもないので、ついつい忘れてしまう人たちもいます。

運転免許証更新のお知らせ(ハガキ)を確認しよう

まずは、運転免許証更新しなければならない人たちのところへは、運転免許証更新のお知らせ(ハガキ)が届くので、それを確認しましょう。

免許の更新が必要な年の自身の誕生月の1ヶ月前を目処にして、運転免許証更新のお知らせが届くからとりあえずひと安心です。でもポストの中をチェックするのをサボっている方々など要注意ですね。

運転免許証の更新手続きを行う期間は……?

また大事なことですが、運転免許証の更新手続きを行う期間は、あらかじめ決定していて、自身の誕生日の前後1ヶ月であり、合計で2ヶ月の間です。

2ヶ月の期間の中だったらいつでも運転免許証更新に行っても大丈夫です。

でも、年末年始だったり、ゴールデンウィークにひっかかっている人たちは、非常に混んでいたりするのでかなり注意した方がいいでしょう。

旅行や出張で海外に行くプランがあったり、怪我・病気で入院する予定がある、また妊娠しているという方々は、期限前更新も可能です。

<h2>運転免許証の更新手続きができる場所</h2>

では、どこで運転免許証更新出来るかですが、 「運転免許センター」か、「運転免許試験場」、または「住んでいる地域の管轄の警察署」です。

警察署によっては申請手続きを受け付けていなかったり、優良や一般運転者だけということもあります。

まずは、運転免許証更新のお知らせ(ハガキ)をしっかりチェックして対応するようにしてください。もしも運転免許証更新の期間が過ぎてしまったら、 せっかく合宿免許で運転免許取得したというのに、免許が失効に……。

ただし、失効から6ヶ月以内であればなんとか大丈夫。決められた講習を受けることで、免許の再取得が可能です。